竹内結子が弁護士でドラマ主演!役柄はスキャンダル専門?キャストも個性的!

新春一発目の連ドラに竹内結子さんが主演します!

竹内結子さんというと、嵐・松本潤さんと共演した『夏の恋は虹色に輝く』や刑事役を熱演した『ストロベリーナイト』、キッチンマカロニを営む兄弟との交流を描いた『ランチの女王』など様々なドラマに出演されていますよね!

そんな竹内結子さんが今回演じるのは何なのか、どんなドラマなのか、キャストは誰なのか、ご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

竹内結子が6年ぶりの連ドラ主演!役柄はスキャンダル専門弁護士?

 

竹内結子さんが6年ぶりに主演されるドラマは、2019年1月~放送されるフジテレビ系列ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN

 

 

このドラマのメイン舞台は法廷ではなく、パワハラやセクハラ、名誉毀損や損害賠償といったスキャンダルや社会的トラブルの裏側。

 

そんな闇深そうな所で活躍するのが、竹内結子さん演じるスキャンダル専門弁護士氷見 江(ひみ こう)」。

大手の弁護士事務所に勤める氷見が担当しているのは危機管理で、社会的窮地に陥っているクライアントを救い出すのがお仕事。

なんと依頼達成率は99.9%なんだとか。

バリバリ仕事が出来る格好いい女性って感じですね!

 

氷見は、クライアントを救うためならば100歩先までも戦略を仕込み、そして必要ならば情報を操作して嘘さえも正義に変えてしまうのだそう。

このように情報を有利な方向へ操作したり、印象を変えて物事を正当化することで人々の心を動かしてしまう人のことを「スピン・ドクター」といい、日本のドラマでは初めて取り上げられる存在なのだそうです。

 

しろくま
弁護士であってドクターだなんて、格好いい肩書き総取りって感じがしますが、そんな役を竹内さんが演じるとなると、ますますカッコよさに磨きがかかりそうでワクワクしますね。

 

今回のドラマ主演のお話に竹内さんは「テレビのお仕事だ(笑)」と久しぶりな感覚になったのだそう。

 

しろくま
ちょっと客観的というか他人事な感じに聞こえる感想につい親近感を感じてしまいました。(笑)

 

また、あらゆる情報やイメージを操作し、人をプロデュースするような役柄に対し竹内さんは、「ドラマプロデューサーやマネージャーの様子を見て、どのように演者に気を遣ってその気にさせているのか」観察しているそうです。

クライアントを取り巻く人々や環境をどのように操作し有利な方向へと導いていくのか、今から放送が待ち遠しいですね!

 

スポンサードリンク

 

竹内結子の右腕役は水川あさみ!その他のキャストも個性的で豪華だった!

 

さて、そんな天才トラブルシューターの周りにはどのような味方がいるのでしょうか?

キャストも続々と発表されていますのでご紹介していきます!

 

まずは見出しにも記載しましたが、竹内さん演じる氷見の右腕役には水川あさみさん

 

 

水川さん演じる与田知恵は、氷見と同様 危機管理専門の弁護士で、氷見にとって右腕のような存在であり、女友達のような関係でもあります。

一度怒ると氷見でも止められない一面がある一方、言葉の節々で恋愛至上主義であることを匂わせるのだとか。

水川さん曰く、「与田は頭はいいが口は悪く、性格ブス」とのこと。(笑)

 

クールビューティーなイメージのある水川さん。なんと今作が初弁護士役なのだそう。黒髪ボブでキリッとした印象になった水川さんが、性格ブスな弁護士をどのように演じるのか楽しみです!!

 

続いては、氷見、与田と同じ危機管理を専門にする駆け出し弁護士役の中川大志さん

 

 

中川大志さんといえば、「シーブリーズ」のCMで広瀬すずさんの憧れの先輩として登場したり、ドラマ「花のち晴れ」で杉咲花さん演じる江戸川音の婚約者役として活躍されたのが印象的ではないでしょうか?

 

 

しろくま
こちらの動画、キュンキュン注意です!!

 

そんな中川さんも水川さん同様、今回が初の弁護士役

中川さん曰く、「今まで学生役が多かった自分が、今回初めて連続ドラマでスーツを着た大人の役をやらせていただけるとのことで、とても嬉しく新鮮な気持ち」とのこと。

中川さん演じる藤枝修二は、容姿端麗でアメリカでも最難関のロースクール出身と華やかな経歴の持ち主ですが、どこか抜けており、どんくさいミスをすることもしばしばという、女性が悶てしまいそうなギャップがあるところがポイント。

そんな藤枝が必死に氷見についていこうとする様子に、つい応援してしまいそうですね!

 

そして、そんな氷見たちが勤める弁護士事務所の副所長・鈴木太郎を演じるのはバカリズムさん

 

 

弁護士事務所の所長の息子ということで、生粋のお坊ちゃまです。

今まで何不自由なく生きてきたからか、ハングリー精神に乏しく、危機管理に舞い込んできた仕事は基本的に氷見たちに丸投げしてしまうのだそう。

バカリズムさん曰く、「鈴木太郎は、”所詮、父親の事務所だし”という無責任なノリで仕事をしているボンボン」とのこと。

無気力で気だるそうに氷見たちに仕事を回す様子が目に浮かびますが、果たしてどのような雰囲気になっているのでしょうか!

 

そしてさらに、バカリズムさんは演者としてだけでなく本作のキャラクター監修も務めるのだとか!

竹野内豊さんが主演の「素敵な選TAXI」では脚本を書かれていたバカリズムさん。

今作ではそれぞれのキャラクターをどのように作り上げていくのでしょうか!

 

最後は法律事務所の事務員・真野聖子役を務める斉藤由貴さん

 

 

えっ、弁護士じゃなくて事務員なの?となったかもしれませんが、実はこの事務員、”ただの事務員”ではないんです。

普段はマイペースに事務作業をこなしますが、氷見から要望があれば高度なハッキング技術を駆使し、フェイクニュースを作り上げては世間を混乱させてしまう”謎多き事務員”なのです!!

この役に対し斉藤さんは「弁護士ではなく事務員というポジションだからこそ、ある種のスパイスや差し色的な表現を織り込んでいければ」とのことです。

謎多き事務員・真野さんが今後どのように活躍し周りに影響を与えていくのか、楽しみで仕方ありません!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

このように、どの役も個性が強い、へたしたら胃もたれしてしまうんじゃないかというくらいの濃さがある「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」は、フジテレビ系列にて2019年1月10日(木)22:00~から放送予定!

2019年も楽しい1年になりそうです!!

 

スポンサードリンク

気軽にポチッとシェア出来ます!