三大栄養素のタンパク質とは?作っているものや食品、必須アミノ酸まで!

三大栄養素の一つである、「タンパク質」

タンパク質と聞くと筋肉を作るイメージがあると思いますが、他にも色々なものを作っていることを知っていますか?

今回は、様々なものを作り出し、大活躍しているタンパク質についてご紹介します。

スポンサードリンク

〇〇も×××もタンパク質が作っている!?

冒頭でタンパク質は筋肉を作っていると話しました。それでは他に何を作っているのか。

実は、筋肉の他に

  • 皮膚
  • 髪の毛
  • 心臓や腸などの内蔵
  • 血管や血液 etc…

これらを作っているのです。こうやって見てみると、身体のほとんどはタンパク質で出来ているといっても過言ではないですね。

さらには、体内の調節を助けるホルモン酵素免疫抗体なんかもタンパク質が作っています。

タンパク質がなかったら私はただの骨でしたね。ホネホネロックです。あなた(タンパク質)なしじゃあ生きていけない!!状態です。

ところで、タンパク質は英語でプロテインといいますが、「プロテイン」がギリシャ語由来って知っていましたか?

プロテインはギリシャ語の「proteios」に由来し、生体中の非常に重要なものという意味があるのです。

このことからも、タンパク質の重要性がお分かりいただけるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

タンパク質って一体何で出来ているの?

そんなタンパク質は、アミノ酸という物質が何千個も結合して出来た物質です。

いまいちピンときませんよね。それでは、生のステーキ肉を思い浮かべてください。

あれ、タンパク質の塊です。そして、それを細かく、細かく、こまかぁぁぁぁぁぁく見ていくと、アミノ酸が何千個も結合しているのです。

うぅ~ん…、よくわからないというより、食欲が失せた…ので、今度は髪の毛で。

先程も話したとおり、髪の毛もタンパク質で出来ています。ケラチンって聞いたことありますか?

髪の毛は、ケラチンというタンパク質で出来ています。そのケラチンを細かく、細かく、こまかぁぁぁぁぁぁく見ていくと、様々な種類のアミノ酸が結合して出来ているのです。

ちなみにステーキ肉は主に、ミオシンというタンパク質で出来ています。

つまり、タンパク質といってもケラチンやミオシンなど、〇〇〇〇という名前のついたタンパク質がおよそ10万種類以上存在していて、それらは約20種類のアミノ酸が様々な形で組み合わさることで出来ているのです。

 

 

高校数学かよ!場合の数かよ!

 

 

って思ってしまうくらいの、アミノ酸の種類に対してのタンパク質の多さ…

スポンサードリンク

必須アミノ酸って?

さて、そんなアミノ酸をなんと私たちは、体内で合成することが出来るのです!

この、体内で合成することの出来るアミノ酸のことを「非必須アミノ酸」といい、20種類のうちの11種類がこれにあたります。

じゃあ残りの9種類は?というと、残念ながら体内で合成することが出来ないのです。

この体内で合成出来ないアミノ酸のことを「必須アミノ酸」といいます。

必須アミノ酸が不足するとどうなる?

必須アミノ酸が不足すると、髪の毛や皮膚が作られないために、抜け毛肌荒れを起こしてしまいます。

また、爪が割れやすくなったり、筋肉が落ちるために太りやすくなったり、免疫抗体が作られないために風邪を引きやすくなります。

スポンサードリンク

何を食べればいい?

必須アミノ酸が不足しないようにするには、食事から取ることが大切です。

それでは何を食べればいいのか、これを食べれば大丈夫!とは一概に言えず、

  • 牛乳やチーズなどの乳製品
  • 大豆製品
  • ごはんやパンなどの穀物 etc…

これらをバランスよく食べることが大切なのです。

同じものばかり食べてはいけないの?

一日で上記で挙げた食材全てを食べなさい。ということではありません。

これでは食費もかかりますし、一日の摂取カロリーも多くなるでしょうし、なにより

食事が楽しくない

1週間ないし、1か月でバランスを取っていけば大丈夫ですからね。

バランスについての話は追々していこうと思います。

話は戻りますが、同じものばかり食べることはオススメ出来ません。

理由としては、食材によってアミノ酸の種類もその他の栄養も異なるからです。

そこで見てもらいたいものが「アミノ酸スコア」です。

アミノ酸スコアとは、食品に含まれる必須アミノ酸のバランス度を示したものです。

数値が100に近いものほど、全ての必須アミノ酸をバランス良く含んでいるといえます。

大まかにいうと、動物性タンパク質のアミノ酸スコアは100です。

詳細に関しては、「アミノ酸スコア 表」などで検索すると具体的な食材と数値が出てきますよ。

スポンサードリンク

食べすぎには注意して

タンパク質は体内で貯蔵することが出来ません。余った分は尿として対外に排出されます。

そうなると、尿を作るはたらきのある腎臓に負担がかかるため、機能低下を引き起こしてしまう可能性があります。

また、タンパク質が豊富な食材はカロリーも高めです。ダイエット中の人は特に脂質の少ないものを選んだり、油を使わない調理法で調理したりなど工夫が必要です。

スポンサードリンク

気軽にポチッとシェア出来ます!