岡田健史の兄弟はカルマ?!岡田将生説や韓国出身の噂、姉・両親は?

2018年にデビューしてからドラマや映画に次々と出演している俳優、岡田健史さん。

「中学聖日記」や「JR SKISKI」のイメージキャラクターに起用されていた印象が強い方もいるかもしれませんね。

そんな岡田健史さんの兄弟が、実はYouTuberのカルマさんなのではないか?!と巷で話題になっているようなのです。どうして二人が兄弟だという話になったのでしょうか?

また、俳優の岡田将生さんと岡田健史さんが兄弟だという説もあるようですが、真実はどうなのでしょう?

 

ということで今回は、岡田健史さんの兄弟について調査しました!

また、韓国とともに検索されていることが多かったようですので、岡田健史さんと韓国についても調べました。

それではどうぞ!

この記事は3分程度で読める内容です。

 

スポンサードリンク

 

岡田健史の兄弟はカルマ?!

 

岡田健史さんとカルマさんとの関係についてお話する前に、そもそもカルマって何者?というところから始めていこうと思います!

 

カルマは人気YouTuber

カルマさんは現在登録者数137万人の人気YouTuberです。

引用元:https://youtuber-love.com/post-1558/

 

芸能人の装いをして街に繰り出す動画や、幼馴染で同じくYouTuberのもえりんさんとのコラボ動画などで人気を博しました。

また、英語がペラペラだけれどどこで習得したのかについては明かされておらず、家族とは10年近く疎遠状態になっているなど、素性がよく分からない人物としても有名です。

 

 

カルマへのどっきり企画で岡田健史が登場?

岡田健史さんとカルマさんが兄弟なのではないか?と噂になったのは、カルマさんが投稿した動画がきっかけでした。

 

この動画は、疎遠状態だったカルマさんの弟が突然カルマさんに会いに行ったらどうなるのかというドッキリ企画でした。

動画に出てきた弟さんは前身がモザイク処理されており、カルマさんとの会話の中で

「お互い画面越しで見ている」

「今声を変えて喋ってる」

など、芸能関係の仕事をしている人物なのではないか?と思わせるような趣旨の発言をしていました。

カルマ:「えっYouTube大丈夫なん?」

弟:「独断やけどw」

カルマ:「あ~なるほどな」

弟:「あんま深い話はできん」

カルマ:「お互い両極端の所にいるもん」

弟:「バチバチよw」

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u-Ibl8yKRuU

 

カルマ:「ワンチャンお蔵入りになるんやない?」

カルマ:「俺なんかめんどくさいよ、大人の人とかに通すの」

弟:「まギリ大丈夫」

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u-Ibl8yKRuU

 

カルマ:「てかこことここが兄弟やったってだけでも」

弟:「多分誰も思いつかんやろ」

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u-Ibl8yKRuU

 

そして、少しだけモザイクが取れた時の弟さんの後ろ姿が岡田健史さんに似ていたことから、「カルマの弟は岡田健史なのでは?」といった噂が流れるようになったようです。

引用元:https://logtube.jp/entertainment/51830

 

年齢もカルマさんが岡田健史さんより3歳年上ですし、出身もお互い福岡ということでなおのこと噂が広まっていったようですよ。

そう言われるとなんとなく顔も似ているような気がしてきますね。(笑)

 

ただ、カルマさんの弟なのでは?と言われている人物は岡田健史さん以外にも

・飛葉大輝(ひばだいき)さん

引用元:https://twitter.com

 

・中島凱斗(なかしまかいと)さん

引用元:http://www.carotte-t.com/profile/006.html

 

・絃瀬聡一(いとせそういち)さん

引用元:https://twitter.com

と複数出てきており、真相は不明なままです。

 

スポンサードリンク

 

岡田健史と岡田将生の兄弟説は?

 

俳優の岡田将生さんも岡田健史さんと兄弟なのでは?と言われているようです。

引用元:https://nicevalue.xsrv.jp/qol/okadamasaki/

 

しかし岡田将生さんに関しては、出身地は東京都ですし、兄妹も姉と妹の2人ということでしたので、岡田健史さんの兄ではありませんでした。

おそらく、名字が一緒だったり顔が似ていたりといったことから兄弟説が流れたのでしょう。

 

ちなみに、岡田健史さんは芸名で本名は全く別の名前なんですよ!

下でお話しますね。

 

 

岡田健史の本名は水上恒司!

 

見出しでも書いたとおり、岡田健史さんの本名は“水上恒司(みずかみ こうし)”です。

高校時代から岡田健史さんのことを知っているファンの方が本名を明らかにしていました。

 

水上恒司という名前も爽やかな感じがしますよね。岡田健史は逞しさが感じられますし、どちらの名前も本当に素敵で似合っているように思います。

 

 

岡田健史は韓国出身?

 

岡田健史さんについて調べていると、“韓国”というキーワードとともに検索されていることが多かったようです。

ただ、岡田健史さんは韓国出身ではありませんし、韓国ドラマの「アイリス」が好きだという話くらいでしか韓国については触れられていないようでした。

おそらくですが、兄弟説が流れたカルマさんが韓国と日本のクォーターだったため、岡田健史さんも韓国の血が流れているのでは?と思った方が「岡田健史 韓国」で検索されていたのではないかと思われます。

 

スポンサードリンク

 

岡田健史に姉はいる?両親はどんな人?

 

岡田健史さんには5歳年上のお姉さんがいるようです。

先程話したドラマ「アイリス」はお姉さんが勧めてくれた作品だったそうですよ。

一番好きな作品は、イ・ビョンホン主演の韓国ドラマ『アイリス』だそうだ。

「姉からも勧められていたし、マネージャーさんにも教えてもらって、全20話あるんですけど3回観ました。

引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65125?page=4

 

ご両親については、お父さんが野球経験者だったそうで、その影響で小学2年生から野球を始めたそうです。

お母さんはジブリやトムとジェリー、ピングーなどといったアニメをたくさん見せてくれたのだとか。想像力が旺盛な方だったそうですよ。

 

岡田健史さんの顔はどちら似なのかというと、骨格や鼻はお父さん似で、他のパーツはお母さん似なのだとか!

いい意味で、「親の顔が見たい」とはこのことだ。そんな素朴な疑問をつい口にすると、岡田くんは苦笑しながらも答えてくれた。

「骨格、特に鼻は父親似で、パーツは母親似です」

引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65124?page=2

 

また、岡田さんは肌が綺麗だと評判なのですが、そこもご両親譲りなのだそう。

自分の顔で好きなところは?
あんまり考えたことないけど……肌ですかね。

綺麗だよね、そばで見ても発光してるみたい!
両親ともに肌がすごく綺麗なんです。親に感謝です。

引用元:https://voguegirl.jp/boys/boyfriend/boy-friend-starring-kenshiokada/#!/p/11/

 

ご両親の素敵なところをめいっぱい受け継いだのが岡田健史さんなのですね…羨ましい…。

ちなみに、岡田健史さんが出演している作品は熱心にご覧になるそうなのですが、キスシーンだけは恥ずかしくて手で顔を覆ってしまうのだとか。(笑)

なんて可愛らしいご両親なのでしょうか!

そのことに対して岡田健史さんは「キスしているのは俺の体だけど、本当の俺じゃないから!」と言っているそうです。(笑)

僕が出演したドラマが放送されるたびに、熱い感想を聞かせてくれます。

ただ、キスシーンのときは、恥ずかしくて顔を手で覆ってしまうみたいで。だから、「チューしているのはたしかに俺の体だけど、本当の俺じゃないから!」って言っておきました(笑)。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/17367656/

 

岡田健史さんもご両親も可愛らしくて、素敵な親子だなぁと思ってしまいました!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか!

「岡田健史さんと仕事した人はみんな彼を好きになる」と業界内で噂になるほど高感度大の若手俳優、岡田健史さん。

演技力についても評価が高いですし、もしかしたら今年大ブレイクするかもしれません。

今からチェックしておいてはいかがでしょうか!

 

岡田健史の他の記事はこちら>>

岡田健史の高校は創成館で社会人野球を目指してた?彼女の噂は?

2020年3月17日

 

スポンサードリンク

気軽にポチッとシェア出来ます!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

しろくま

食べることと寝ることが大好きなしろくまです。 管理栄養士/コスメコンシェルジュの資格を持っています。 広告収入のみで生活することを目標にコンクリートジャングルをさまよう日々です。 新作の飲み物やコンビニスイーツがあると真っ先に買ってしまうのは母親譲りだと思っています。